岡山・倉敷 エクステリアやサンルーム、外構工事ならお任せください 

お問い合わせ TEL 086-284-6134

 

 

岡山を大切に、長年の経験と実績を基に、常にお客様の信頼に応えるために、設計・施工をしております。

 

 

私達、Crear 入江産業は、岡山で長年に渡りエクステリア工事を行っています。晴れの国エクステリア会


お客様のご要望を聞きながらも、将来的な事も踏まえた、新築のエクステリアプランをご提案させていただきます。
 
また、古くなった外構を一新したい。家族構成やライフスタイルが変わるため、外構をリフォームしたい。
 
お庭や駐車場の事で、困った事がある。などのご相談も、お気軽にご相談ください。
 

 

 

 

NEWS
ニュース

一覧を見る

 

 

 

 

 

BLOG
ブログ

一覧を見る

 

  • 2019/10/16 現場進捗

    今日の現場の状況の報告になります。
  • 2019/10/15 カーポートをおしゃれにする方法|岡山の外構工事会社が解説!

    「カーポートの設置工事を考えているが、どうすればおしゃれになるかわからない。」
    「カーポートをおしゃれにする方法を教えて欲しい。」
    こうお考えの方は多いのではないでしょうか。
    そこで今回は、カーポートをおしゃれにするコツをご紹介します。


    □おしゃれにするコツ

    *屋根まで全てアルミで作成する

    全てをアルミで作成することにより、シンプルでスタイリッシュな外観に仕上げることができます。
    また、アルミは雨風に強いため、台風などでカーポートの屋根が飛ぶ心配もする必要がありません。

    *後方支持タイプにする

    柱を後方に集約させる後方支持タイプでは、車の側面上に柱を設置しないため、開放的ですっきりとした印象を与えることができます。
    また、車庫入れや乗り降りがしやすいため、ベビーカーや車椅子を使用したい人にもおすすめのデザインです。

    *木材を使用する

    木材を使用することで、他にはない木の風合いが生まれ、おしゃれなカーポートにできます。
    また、優しい印象を与えるため、どんなデザインの家とも調和します。

    *車の色とカーポートの色を合わせる

    車体の色とカーポートの柱などの色を合わせることで、統一感が生まれ、おしゃれな印象を与えることができます。

    *サイドパネルをつける

    カーポートにサイドパネルをつけることにより、ガレージのような頑丈な印象を与えることができます。
    また、サイドパネルをつけることにより、カーポートの強度が高まり、強風で屋根が飛ぶ可能性も低いです。

    *支柱を斜めにする

    支柱は一般的に直線なため、支柱を斜めに設置することにより、他にはない独特のフォルムになります。
    支柱がアクセントとなり、おしゃれな外観になること間違いありません。

    *屋根をカールさせる

    カールさせた屋根を設置することで、美しい見た目にできます。
    また、カール部分が横からの雨や雪の吹き込みから、車を守ってくれます。

    カーポートは、カラーバリエーションや種類も豊富なので、自分の住まいにあった色合いやデザインを追求できます。
    どういったデザインがいいか不安な方は、一度業者に相談し、住まいに合うデザインを考えてもらうことをおすすめします。


    □まとめ

    今回はカーポートをおしゃれにする方法をご紹介しました。
    この記事を参考にカーポートを設置することを検討してみてはいかがですか。
    当社では、カーポートに詳しいスタッフがあなたのお悩みを一緒に解決します。
    岡山で外観工事をお考えの方、カーポートについて詳しく知りたい方はお気軽に当社までお問い合わせください。
  • 2019/10/10 岡山市北区  ガレージ工事

    ヨドのガレージ工事を行いました。
  • 2019/10/10 岡山市東区 幼稚園  手洗い場工事

    岡山市東区 幼稚園の手洗い場の工事を行いました。
  • 2019/10/01 【倉敷でエクステリア】フェンスとブロックの違いについて解説します。

    倉敷でエクステリアを検討している方はいらっしゃいませんか?
    この記事では、フェンスとブロックの違いについて、ご紹介します。
    外構をエクステリアする際、フェンスとブロックで迷う方はたくさんいらっしゃいます。
    それぞれに良い面を悪い面があるため、しっかりと把握していきましょう。


    □フェンスとブロックの違い

    *意匠性

    意匠性は、フェンスの方が優れているでしょう。
    フェンスには、和風のものや洋風のものといった、様々なデザインがあります。
    また、つる植物をフェンスに絡ませて自然を演出することも可能です。
    一方ブロックは、グレー1色のものが多く、デザイン性はあまりありません。
    しかし、化粧ブロックというおしゃれなブロックもあります。
    化粧ブロックとは、通常のコンクリートブロックとは異なります。
    どこが異なるのかというと、色や模様を施して仕上げている点が異なります。
    カラーバリエーションも豊富にあります。
    ブロックに意匠性を求める方は、化粧ブロックの購入をおすすめします。

    *防犯性

    プライバシーの観点から考えると、ブロックの方が防犯性は高いです。
    フェンスは、ブロックと異なり隙間があります。
    そのため、外から敷地内の様子が見えてしまう場合があります。
    しかし、これが防犯上のメリットにもなります。
    ブロックを設置すると、外から敷地内の様子が見えません。
    ですから、侵入者は、外にいる他人に気付かれる可能性が低いです。
    フェンスにすると敷地内の様子が見えるため、侵入者が入りにくい環境にすることが可能です。
    ブロックを設置する場合は、防犯カメラも合わせて設置するなど、防犯性に注意しましょう。

    *安全性

    ブロックは、地震が起きた時、倒れてしまう危険性があります。
    ブロックの下敷きになるなど、二次災害が生じてしまうこともあります。
    その一方でフェンスは、倒れてしまう危険性はブロックに比べて低いです。
    また、倒れたとしても二次災害の被害はブロックよりも少ないでしょう。
    そのため、ブロックを設置する場合は安全性を考慮しましょう。
    具体的には、施工の際に鉄筋を入れたり、高さを抑えたりする必要があります。


    □まとめ

    フェンスとブロックの違いについて解説しました。
    特に倉敷でエクステリアを検討している方はぜひ参考にしてください。
    当店は、岡山で長年に渡りエクステリア工事を行なっております。
    お客様のご要望を聞きながらも、将来的なことも踏まえた、新築のエクステリアプランをご提供いたします。
    また、古くなった外構を一新したい、お庭や駐車場のことで困ったことがある、といったこともお気軽にご相談ください。

 

 

 


 
 

MENU
メニュー

 

エントランス・アプローチ

 

テラス・サンルーム・ウッドデッキ

 

ガーデン・植栽

 

ライティング

 
カーポート

カーポート・駐車場

 

ブロック・レンガ・タイル

 

フェンス・目隠し

 

リフォーム

 

ウッドデッキ

 

 

GALLERY
ギャラリー

 

おしゃれなエクステリア


 
溶岩石(ボルケーノ)を使用した重厚感あるアプローチ


 
玄関前を彩るボーダータイルを使用した門柱


 

 

ギャラリーをもっと見る

 

 


 

 

 

SERVICE AREA
対応エリア

 

岡山市、倉敷市、総社市、玉野市、

瀬戸内市、赤磐市、早島町

 

 

 

 

Page up