岡山・倉敷 エクステリアやサンルーム、外構工事ならお任せください

 

 

岡山を大切に、長年の経験と実績を基に、常にお客様の信頼に応えるために、設計・施工をしております。

 

 

私達、Crear 入江産業は、岡山で長年に渡りエクステリア工事を行っています。晴れの国エクステリア会


お客様のご要望を聞きながらも、将来的な事も踏まえた、新築のエクステリアプランをご提案させていただきます。
 
また、古くなった外構を一新したい。家族構成やライフスタイルが変わるため、外構をリフォームしたい。
 
お庭や駐車場の事で、困った事がある。などのご相談も、お気軽にご相談ください。
 

 

 

 

NEWS
ニュース

一覧を見る

 

 

BLOG
ブログ

一覧を見る

 

  • 2019/09/15 【倉敷でエクステリアをご検討の方】子供が遊べる庭づくりをご紹介!

    倉敷でエクステリアを検討している方はいらっしゃいませんか?
    この記事では、子供が遊べる庭を作るポイントについて、ご紹介します。
    家から公園までの距離が遠くて困っている方は、特に必見です。
    庭で遊べたら、わざわざ公園まで行く必要もなくなります。


    □子供が遊べる庭を作るポイント

    *安全性の確保

    子供を庭で思いっきり楽しませたいと思う方は多いでしょう。
    その一方で、ケガをして欲しくないと心配する方もたくさんいらっしゃると思います。
    子供は好奇心旺盛で、時には思わぬ行動をしてしまいます。
    ですから、安全性の確保はとても重要な要素です。
    では、具体的にどうすれば安全性を確保できるのかを見ていきましょう。

    *フェンス

    はじめに考えられることは、庭と道路の間にフェンスを設けることだと思います。
    しかし、何も考えずにフェンスを設けるだけでは安全性を確保できません。
    まずは、フェンスの高さに注意しましょう。
    子供が簡単に乗り越えることができる高さでは意味がありません。
    フェンスの高さは、80cmを目安にしましょう。
    一般的に80cmは、大人はまたぐことができ、子供は乗り越えられない高さです。
    次に、フェンスの強度に注意しましょう。
    前述した通り、子供は好奇心旺盛です。
    新しくフェンスを設けた場合、引っ張ったり、もたれかかったりするでしょう。
    フェンスの強度が小さいと、フェンスが倒れて子供がケガをしてしまう可能性があります。
    こうならないように、フェンスの強度はなるべく大きいものにしましょう。

    *地面

    防草対策も兼ねて、庭に砂利を敷きたい方は多いでしょう。
    しかし、子供を遊ばせる際には注意が必要です。
    大きくて角のある砂利を敷いてしまうと、子供が転んだ時にケガをしやすいです。
    また、子供が砂利を投げて遊んでしまうことも危険です。
    ですから、子供が小さいうちは、人工芝を敷くことをおすすめします。
    人工芝だと、砂利と比べ子供が転んでもケガをするリスクが低いです。


    □まとめ

    子供が遊べる庭を作るポイントについて、ご紹介しました。
    特に倉敷でエクステリアを検討している方はぜひ参考にしてください。
    当店は、岡山で長年に渡りエクステリア工事を行なっております。
    お客様のご要望を聞きながらも、将来的なことも踏まえた、新築のエクステリアプランをご提供いたします。
    また、古くなった外構を一新したい、お庭や駐車場のことで困ったことがある、といったこともお気軽にご相談ください。
    最後までお読みいただきありがとうございました。
  • 2019/09/11 【倉敷でエクステリア】カーポートのメリットとデメリットとは?

    倉敷にお住まいの方でエクステリアを検討している方はいらっしゃいませんか?
    この記事では、カーポートのメリットとデメリットについて、ご紹介します。
    カーポートの設置を検討している方はぜひ参考にしてください。


    □カーポートのメリット

    *雨の日に便利

    雨の日に車に乗り込もうとして、濡れてしまった経験はありませんか?
    出発する前に雨に濡れてしまったら、せっかくの外出気分も台無しになってしまいますよね。
    カーポートを設置すると、このような心配はいりません。
    屋根がしっかりとついているので、乗り込む時に雨に濡れることはないでしょう。
    また、荷物を出し入れする時も便利です。
    傘がいらないので、スムーズに作業を進めることが可能です。

    *上空からの落下物から車を守る

    空から降ってくるものは、雨だけではありません。
    鳥の糞や、雹が降ってくることがあります。
    これらは雨とは異なり、車にダメージを与えます。
    鳥の糞が車の屋根に落ちてきたら、掃除が大変です。
    また、雹が落ちてきたら、車の屋根がへこんでしまう可能性もあります。
    カーポートを設置すると、これらの落下物から車を守ることが可能です。

    *車内の暑さを軽減する

    夏に車に乗った時、車内が暑すぎて困ったことはありませんか?
    車が夏の直射日光に晒されると、車内の温度はとても高くなります。
    乗る前にクーラーをつけることも一つの対策ですが、ガソリンの減りが早くなってしまいます。
    また、直射日光により、車内のインテリアが変形してしまう可能性もあります。
    カーポートを設置すると、直射日光の対策になります。
    なぜなら、多くのカーポートの屋根には、紫外線をカットする効果があるからです。
    また、熱線断熱効果がついているものも多いです。


    □カーポートのデメリット

    *防犯性が低い

    カーポートは、柱と屋根でできた簡易的なものです。
    ですから、ガレージと比べると防犯性が低いです。
    そのため、カーゲートも合わせて設置することをおすすめします。


    □まとめ

    カーポートのメリットとデメリットについて、ご紹介しました。
    特に倉敷でカーポートの設置を検討している方はぜひ参考にしてください。
    当店は、岡山で長年に渡りエクステリア工事を行なっております。
    お客様のご要望を聞きながらも、将来的なことも踏まえた、新築のエクステリアプランをご提供させていただきます。
    また、古くなった外構を一新したい、お庭や駐車場のことで困ったことがある、といったこともお気軽にご相談ください。
  • 2019/09/07 【倉敷でエクステリアをご検討の方】カーポートの防犯を工夫しましょう!

    倉敷でエクステリアを考えている方はいませんか?
    この記事では、カーポートの防犯を工夫する方法について、ご紹介します。
    カーポートは、ガレージよりも簡単に設置できます。
    そのため、エクステリアを行なう方からの人気が高いです。
    簡単に設置できるだけでなく、雨や紫外線などからきちんと車を守ってくれます。
    しかし、カーポートがガレージより劣る点があります。
    それは、防犯性です。
    屋根と柱で構成された簡易的な車庫であるがゆえに、どうしても防犯性が低くなります。
    カーポートの設置をご検討の方は、防犯を工夫して、防犯性を高くする方法も知っておきましょう。


    □カーポートの防犯を工夫する方法

    *センサー式ライト

    前述した通り、カーポートには屋根があります。
    その屋根によってできる影により、不審者が潜みやすい空間ができてしまいます。
    そのリスクを減らすために、センサー式ライトを設置することが良いでしょう。
    センサー式ライトとは、人が来ると、それを感知して明かりがつくというものです。
    常に明かりをつけておいた方が良いのではないかと思う方もいらっしゃるでしょう。
    しかし、センサー式ライトの方がより効果的な防犯になります。
    なぜなら、人が近づいたときにパッと明かりがつくと、防犯されている感じがよりするからです。
    また、常に明かりをつけているよりもコストを削減できるというメリットもあります。

    *カーゲート

    前述した通り、カーポートは屋根と柱で構成された簡易的な車庫です。
    ガレージとは異なりシャッターがないため、防犯性が低いです。
    しかし、シャッターの代わりとなるものがあると、しっかり防犯できます。
    それは、カーゲートです。
    カーゲートとは、カーポートの間口に取り付ける門扉のことです。
    カーゲートを設置すれば、車を外部からしっかりと防犯できます。
    また、敷地への侵入率も減らすことが可能です。

    *位置

    カーポートを設置する位置にも工夫が必要です。
    カーポートが、2階の窓やバルコニーの近くにあると危険です。
    どのような危険があるかというと、カーポートの屋根が不審者の足場にされてしまう危険があります。
    ゆえに、カーポートは、建物からなるべく離れた場所に設置しましょう。


    □まとめ

    カーポートの防犯を工夫する方法について、ご紹介しました。
    特に倉敷でカーポートの設置を検討されている方はぜひ参考にしてください。
    当店は、岡山で長年に渡りエクステリア工事を行なっております。
    お客様のご要望を聞きながらも、将来的なことも踏まえた、新築のエクステリアプランをご提供させていただきます。
    また、古くなった外構を一新したい、お庭や駐車場のことで困ったことがある、といったこともお気軽にご相談ください。
  • 2019/09/03 【倉敷でエクステリアをご検討の方】タイルを施行するメリットをご紹介します。

    倉敷でエクステリアを検討している方はいらっしゃいませんか?
    この記事では、タイルを施行するメリットについて、ご紹介します。
    タイルは、昔からよく使われており、今でも人気の素材です。
    そのタイルを使用するメリットを、場所別にしっかりと確認していこうと思います。


    □場所別で見るタイルを施行するメリット

    *庭

    みなさんの家の庭はどのような感じでしょうか。
    芝生を敷いている方や砂利を敷いている方など、様々だと思います。
    芝生、砂利それぞれにメリットがあります。
    しかし、タイルを施行することでしか得られないメリットがいくつかあります。
    それを詳しく見ていきましょう。

    *景観

    タイルを施行することで、庭の見た目が一気にスタイリッシュになります。
    芝生や砂利では得られない重厚感や高級感を演出することが可能です。
    特に庭でガーデニングをしている方にとって、このことは大きなメリットです。
    タイルによる重厚感や高級感により、今まで以上に庭の花が映えるようになります。

    *掃除

    タイルを施行すると、掃除が圧倒的に楽になります。
    なぜなら、タイルには汚れが付着しづらいという特徴があるからです。
    さらに、タイルには耐久性が高いという特徴もあります。
    掃除をするときは、ブラシで強くこすると良いでしょう。
    また、タイルを施行すると、雑草が生えにくくなります。
    芝生や砂利の庭をお持ちの方は、雑草対策に骨を折っているのではないでしょうか。
    タイルを施行すると、雑草の悩みから解放されます。
    これは、掃除の手間をさらに少なくするメリットです。

    *門柱・塀

    タイルは、床面に施行するものだと思っている方は多いでしょう。
    しかし、門柱や塀などの壁面にも施工することが可能です。
    門柱や塀などに使用するタイルは、ボーダーのタイル材をおすすめします。
    ボーダーのタイル材を施行することで、洗練された美しさを表現できます。
    また、タイルを部分的に使用して、アクセントとして用いることも良いでしょう。


    □まとめ

    タイルを施行するメリットについて、ご紹介しました。
    特に倉敷でエクステリアを検討している方はぜひ参考にしてください。
    当店は、岡山で長年に渡りエクステリア工事を行なっております。
    お客様のご要望を聞きながらも、将来的なことも踏まえた、新築のエクステリアプランをご提供いたします。
    また、古くなった外構を一新したい、お庭や駐車場のことで困ったことがある、といったこともお気軽にご相談ください。
    最後までお読みいただきありがとうございました。
  • 2019/08/31 エクステリアにライトを使う時の費用は?

    「ライトをつけて庭をおしゃれにしたい」
    「家にガーデンライトをつけたい」
    「エクステリアライトの値段は?」
    庭にライトがあると、一気におしゃれな雰囲気を演出することができます。
    ライトにかかる費用はどれくらいなのでしょうか。
    今回は、庭に使うガーデンライトにかかる値段をご紹介します。


    □ガーデンライト

    「夜になると外がまっくらで何も見えない」
    このように感じている方は、ガーデンライトを付けることをおすすめします。
    庭にガーデンライトをつけることで、夜でも庭のおしゃれを楽しめます。
    また、昼と夜で庭に違った雰囲気を演出できます。
    ガーデンライトをつけて、夜の庭の時間を楽しみませんか?


    □ガーデンライトの種類と値段

    *電池式ライト

    電池式のライトは、乾電池を入れるだけのライトです。
    これにはさまざまな種類があり、デザイン性のあるものだと昼間でも装飾品として活躍します。
    壁にかけたり、机の上に置いたり、並べて置いたりすることでおしゃれな雰囲気を演出することができます。
    また、電池式のものはコードにつなぐ必要がなく、室内で使用することもできるので、お手軽なライトとして重宝されています。
    値段は3,000~10,000円以内のものが多く見られます。

    *ソーラーライト


    太陽光を使って充電するタイプのライトです。
    安くライトを取り入れたいという方は、このソーラーライトを選ぶことをおすすめします。
    太陽光システムを使っているため、電気代がかからないのです。
    また、ソーラーパネルと離れているところにライトを置くことも可能であり、日陰にライトを置く人もいます。
    コスト削減に向いているのは、このソーラーライトです。
    値段は3,000~20,000円と幅広いですが、購入してからの値段はかかりません。


    *ローボールライト

    コンセントにさすだけでライトをつけることができます。
    安定していて、広く強い光を発します。
    町でよくある、電灯のようなものに似ています。
    家の庭の雰囲気をおしゃれにすることができ、とても人気です。
    値段はサイズや種類によりますが、小さいものだと1000円ほど、背の高いストリートライトのようなものだと40,000円ほどかかります。



    □まとめ

    今回は、庭に使うガーデンライトにかかる値段をご紹介しました。
    庭にライトを置いて、夜のおしゃれな雰囲気を庭で楽しんでください。
    当社では、庭の外装工事やリフォームなどを行っています。
    ご相談なども承っておりますので、ぜひ一度お問合せください。

 

 

 


 
 

MENU
メニュー

 

エントランス・アプローチ

 

テラス・サンルーム・ウッドデッキ

 

ガーデン・植栽

 

ライティング

 
カーポート

カーポート・駐車場

 

ブロック・レンガ・タイル

 

フェンス・目隠し

 

リフォーム

 

ウッドデッキ

 

 

GALLERY
ギャラリー

 

おしゃれなエクステリア


 
溶岩石(ボルケーノ)を使用した重厚感あるアプローチ


 
玄関前を彩るボーダータイルを使用した門柱


 

 

ギャラリーをもっと見る

 

 


 

 

 

SERVICE AREA
対応エリア

 

岡山市、倉敷市、総社市、玉野市、

瀬戸内市、赤磐市、早島町

 

 

 

 

Page up