岡山・倉敷 エクステリアやサンルーム、外構工事ならお任せください

>
>
エクステリアで重要な庭木の選び方

エクステリアで重要な庭木の選び方

マイホームを建てる際、慎重に考えていただきたい箇所にエクステリアがあります。
おしゃれなエクステリアは口コミでも人気がありますが、エクステリアのデザイン次第で家全体の雰囲気が全く違ってきます。
外構が決まったら、次に大事なのが庭木選びです。
こちらでは、エクステリアで重要な庭木選びのポイントをご紹介します。

 

成長後の大きさを考える

植え付け時は小さい木でも、数年で見違えるほど成長する樹木があります。
成長後の大きさを考えて、周囲には十分なスペースを確保しましょう。
基本的に街路樹として使われる高木樹種は庭木には向かないと思った方が良いです。

 

その土地の気候に合っているのか

自生地が南国よりなのか、北国よりなのかも調べましょう。
南国向きの植物を東北地方など寒さの厳しい地域で植えると、しばらくは頑張ってくれますが、少しずつ弱っていき生育出来ないケースがよくあります。
環境に合った木を植えることで、健康で病害虫もつきにくく、のびのびと育ってくれます。

 

目的に合った樹木を選ぶ

庭木は植える場所によって目的が違います。例えば、近隣との目隠しのために植えるのであれば、枝葉が密生するタイプの常緑樹がおすすめです。
またシンボルツリーにするなら、花が咲いたり実がなったり紅葉が楽しめる樹木が良いでしょう。
テラスやデッキの木陰づくりを考えるなら、夏は葉っぱが生い茂り、冬は落葉して陽が入る落葉樹がおすすめです。

 

エクステリアとのバランスを考える

門扉や家の外壁、敷石、フェンスとの組み合わせを考えたとき、葉色や花の色が引き立つような庭木を選ぶこともポイントになります。

 

 

弊社は、岡山県を中心にエクステリアやガーデン、外構リフォームを承っております。
30年以上の実績を活かしデザインから施工まで迅速かつ丁寧に行っております。
出来るだけ安い予算で済ませたいというお客様のために、無料お見積もりになっております。
エクステリア・カーポート・外構リフォームのことなら、お気軽にご相談ください。

 

営業品目

 具体的なプランが決まっていなくても大丈夫です。 まずは、お話を聞かせてください。
 

「エクステリア」「ガーデン」 「リフォーム」デザイン、設計、施工

門扉、ブロック、フェンス テラス、バルコニー、サンルーム

カーポート、駐車場、物置 ■外回り照明、造園、土木工事

岡山県知事許可 一般第15275号 

 

Page up