岡山・倉敷 エクステリアやサンルーム、外構工事ならお任せください

>
>
エクステリアの基礎

エクステリアの基礎

エクステリアとは、英語で外観や外部という意味の言葉ですが日本では、外構や庭、外壁などの建物の外観全体を示す言葉として使われています。
 近年は家のデザインだけでなく、エクステリアにこだわる方が増えています。
 将来、理想的なエクステリアを作りたいとお考えの方のために、エクステリアに関する基礎知識をご紹介します。

 

ゾーニング

 

エクステリアにおけるゾーニングとは、アプローチ・庭・駐車スペースなどの大まかな位置と広さを決める作業のことです。
土地の広さや条件に応じて、使いやすい配置を考えることが大切です。

 

門まわりとアプローチ

門まわりとアプローチは、家の顔となる部分なので誰が見ても良い印象に残るデザインを考えなければなりません。門まわりとアプローチのデザインを合わせると、統一感があって素敵なエクステリアになります。

 

駐車スペース

駐車スペースは、車のサイズ・台数・道路と敷地の高低差を考えて配置を決めることが大切です。
今は車が1台でも、新たに車やバイクを購入する予定がある場合は、そこも考慮して計画する必要があります。
 

メインガーデン

庭のゾーニングは、趣味やライフスタイルに合わせて計画を立てます。
庭でガーデニングを楽しみたいという場合は、日当たりや排水、土壌など植物の生育に必要な要素を考えて計画しましょう。

 

エクステリアのタイプ

オープンタイプ

道路に面して大きな門や壁を作らず、開放的になっているのがオープンタイプのエクステリアです。
オープンタイプは、街の雰囲気に調和した住まいづくりがしたいという方におすすめのタイプです。

 

クローズタイプ

オープンタイプとは違い、門扉や塀で敷地を囲うのがクローズタイプです。
口コミやアンケートでは、クローズタイプを好む方が多い傾向にあります。

 

岡山エクステリア工事を行っている弊社では、これまでの経験で培った知識と技術を駆使してお客様のご要望に沿ったエクステリアの施工を行っております。
安い費用で素敵なエクステリアを作りたいとお考えの方は、弊社へご相談ください。

 

営業品目

具体的なプランが決まっていなくても大丈夫です。 まずは、お話を聞かせてください。
 

「エクステリア」「ガーデン」「リフォーム」デザイン、設計、施工

■門扉、ブロック、フェンス ■テラス、バルコニー、サンルーム

■カーポート、駐車場、物置 ■外回り照明、造園、土木工事

岡山県知事許可 一般第15275号 

 

 

 

 

Page up