岡山・倉敷 エクステリアやサンルーム、外構工事ならお任せください

>
>
>
防犯を意識した外構工事

防犯を意識した外構工事

海外と比べると日本はとても治安の良い国と言われていますが、岡山を含め全国各地で空き巣や強盗いった犯罪が起こっています。
そういった犯罪の被害に遭わないためには、戸締まりを徹底するなどの防犯対策が大切です。
日常的に行う防犯対策だけでなく防犯を意識した外構工事をすると、さらに効果的です。

 

見通しの良い外構

外から家の中が見えづらい家は、他人が侵入しても周囲に気づかれないため、不審者に狙われやすいです。
見通しの良い門扉やフェンスを作ることで、不審者から狙われにくくなります。
ただし、あまりにも開放的な外構にすると誰でも簡単に敷地内へ入ることが出来るので、不審者が敷地内へ入らないように、
頑丈なフェンスや鍵付きの門扉を付けるのがおすすめです。

 

外からの死角をなくす

敷地内に死角があると、フェンスや塀を乗り越えてきた不審者が死角に隠れながら窓を壊し、誰にも気づかれることなく家の中へ侵入してくる可能性があります。
ゾーニングの時点で死角が出来ないかチェックしながら外構のデザインを考えると良いでしょう。
明るい時間帯は死角にならない場所でも、夜になると真っ暗で死角になってしまうことがあります。
そういった場合は、センサー付きの照明を設置するだけで防犯対策になります。
安い価格のセンサー付き照明もたくさんありますので、家の周辺に街灯がない場合は門や玄関付近にセンサー付き照明を設置してみてください。

 

音を使う

 

 

コンクリートや芝生の地面は、人が歩いてもあまり足音がしません。
人目につきにくい場所の地面がコンクリートや芝生の場合、不審者が侵入しても気がつきにくいです。
そういった場所は、人が歩くと音がする砂利を敷くのがおすすめです。
砂利を敷いておけば、家の中にいても砂利の音で誰かが入ってきたことが分かります。
外構に使用されている砂利は色やサイズの種類が豊富なので、全体の雰囲気を壊すことなく防犯対策が出来ます。

 

 

家を新築する方や外構のリフォームを予定している方は、防犯対策を兼ねた外構造りをするためにも、様々な施工例を参考にすると良いでしょう。
弊社は、岡山県を中心に外構工事を行っております。リフォームの内容や費用に関するご質問はお気軽にお問い合わせください。

 

 営業品目

 

 具体的なプランが決まっていなくても大丈夫です。 まずは、お話を聞かせてください。
 

「エクステリア」「ガーデン」 「リフォーム」デザイン、設計、施工

門扉、ブロック、フェンス テラス、バルコニー、サンルーム

カーポート、駐車場、物置 ■外回り照明、造園、土木工事

岡山県知事許可 一般第15275号 

Page up