岡山・倉敷 エクステリアやサンルーム、外構工事ならお任せください

>
>
>
カーポートを作るときのポイント

カーポートを作るときのポイント

 

カーポートを設置している家はたくさんありますが、車庫入れの方法や手入れのことを考慮してカーポートを作ると、車の運転と維持管理が楽になります。
カーポートを作るときに抑えておきたいポイントをご紹介します。

車庫入れしやすい広さにする

 

車庫入れの方法は、敷地の広さや目の前の道路の状況によって変わります。
最も多いのはバックで車庫入れをするタイプです。
駐車スペースに余裕がないとカーポートを設置したときに車庫入れが難しくなってしまいます。
大型の車でも車庫入れしやすいように、駐車スペースは広めにとっておきましょう。
駐車スペースに余裕があれば、車の横に子供の自転車やバイクを置くことも出来ます。

 

必要な設備を考える 

 

カーポートをただの駐車スペースにしてしまうのは勿体無いです。
車の維持管理や防犯に必要な設備を設置して、場所を有効活用するのがおすすめです。
駐車スペースに水道を設置すれば、家で洗車が出来ます。
ガソリンスタンドで洗車をするより家で洗車した方が安いので、節約にもなります。
また、収納棚を設置すれば洗車に使う道具やメンテナンスに使う工具が収納出来ます。
カーポートには屋根がついているので、日陰でゆっくりと車のメンテナンスが出来ます。
車の防犯対策をするなら、カーゲートの設置が望ましいです。電動で開閉するカーゲートにすると、より防犯性が高まります。

 

 

デザインを合わせる

カーポートのデザインは、家の外観や門扉、フェンスのデザインに合わせるのがおすすめです。
デザインを合わせないとカーポートだけ浮いてしまいます。
屋根材を門扉と同じ色にしたり、カーポートの部分にも小さな植木を飾ったり、統一感のあるデザインにするとモデルルームで
展示されているような素敵なカーポートになります。

 

 

岡山でエクステリアのデザイン、設計、施工を行っている弊社では、カーポートの設置も承っております。
駐車場を広くしたい、外構工事をして庭をリニューアルしたいなど、エクステリアに関することならお気軽にご相談ください。

 

営業品目

 

 具体的なプランが決まっていなくても大丈夫です。 まずは、お話を聞かせてください。
 

「エクステリア」「ガーデン」 「リフォーム」デザイン、設計、施工

門扉、ブロック、フェンス テラス、バルコニー、サンルーム

カーポート、駐車場、物置 ■外回り照明、造園、土木工事

岡山県知事許可 一般第15275号 

 

 

Page up